ニュース
[ニュース]2017.11.13
「K-1 WORLD GP」12.27(水)後楽園 Krush王者としてK-1凱旋の西京春馬と「あいのり」出演で話題の大滝裕太が対戦!「組まれた試合をクリアしてK-1のベルトまでつなげたい」(西京)VS「久々の試合で気合十分です」(大滝)
    
 11月12日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、12月27日(水)後楽園ホールで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜SURVIVAL WARS 2017〜」の全対戦カードが発表された。
 プレリミナリーファイト2試合・本戦7試合の全9試合が行われる今大会の第6試合ではKrush-58kg王者・西京春馬が大滝裕太と対戦することが決まった。

 西京はK-1甲子園優勝を経て、Krushを主戦場に活躍。今年6月のK-1さいたま大会で小澤海斗にスーパーファイトで勝利し、その流れで決まった10月のKrush後楽園大会でのKrush-58kgタイトルマッチでも王者・小澤に勝利。Krush王者としてK-1凱旋を果たすことになる。

 対する大滝は2015年2月に当時武尊が保持していたタイトルに挑戦し、武尊と真っ向勝負の打ち合いを繰り広げたKrush-58kgのトップファイター。今回は昨年11月の初代K-1フェザー級王座決定トーナメント・リザーブファイトに出場して以来のK-1参戦となる。また今年はNetflixで放送されている人気恋愛バラエティ「あいのり」に“どら焼き職人・裕ちゃん”として出演したことも話題になっている。

 会見に出席した大滝は「チャンピオンと試合ができると聞いてワクワクして『小澤海斗選手とやるのかな』と思ったら……時差ボケですね。久々のK-1で日本で試合が出来ることになり、相手がチャンピオンなので気合十分です」と挨拶。(※「あいのり」はラブワゴンと呼ばれるワゴンに乗って色々な国を旅行して行われる)

 対戦相手の西京については「昔の西京選手の試合は見たことがあるんですが、ずっと海外にいたので最近の試合は見てないです」と話し「今回、僕が『あいのり』に行った理由の一つはベルトを獲るために彼女の支えが必要だと思ったから。西京選手に勝ったら次はタイトルマッチで武尊選手とやりたいと思います」とK-1王座奪取と武尊のリベンジを宣言した。

 一方、今回がKrush王者としての初戦となる西京は「チャンピオンになって最初の試合なので、チャンピオンらしい試合をしたいと思います」。対戦相手の大滝について聞かれると「僕も最近試合を見ていなくて、武尊さんとやった印象しかないです。これから見ていこうかなと思います」と話し、あいのりの話題を振られると「興味はあるけど見ていません」と答え、大滝から「あいのりを見てください」と振られると「やめておきます」とやんわりと拒否した。

 現在は同門の武尊がタイトルを保持している状況だが「Krushのベルトを防衛して、K-1フェザー級のベルトを巻くことが目標。こういう試合をクリアしていって、K-1のベルトまでつなげていきたい」とK-1でのタイトル獲得を目標に掲げた。

 西京がKrush王者としての強さを見せつけるか? それとも大滝がファイターとしての存在感をアピールするか?
トップページへ戻る