ニュース
[ニュース]2020.9.6
DREAM KHAOSバンタム級優勝・鵜澤悠也が語る夢と目標!「KHAOSガールズとの食事会」とKrushバンタム級での活躍
    
 9月6日(日)都内にて、昨日開催された「KHAOS.11」新宿FACE大会の一夜明け会見が行なわれた。
 会見には見事に「DREAM KHAOS」の男子バンタム級トーナメントを制した鵜澤悠也が出席。一夜明けての心境を語った。

 鵜澤は第27回K-1アマチュア チャレンジAクラス -60kg優勝という実績を引っさげて、4.4「KHAOS.10」でプロデビュー。この試合ではKO負けを喫していたが、それから5カ月が経った今回のトーナメントで、その成長ぶりを見せつけた。準決勝で小島卓也を、決勝戦では大石和希を共にKO。理想的な勝ち方でトーナメント制覇を成し遂げたのだ。

 この「DREAM KHAOS」を制したことで、夢を叶える権利を得た鵜澤だが、その夢とは試合前から話題になっていた「KHAOSガールズとの食事会」だった。自ら「女大好き」と公言する鵜澤らしい夢だが、昨日はリング上でそのKHAOSガールズと実際に対面。「凄い可愛かったですね」と鼻の下を伸ばすと、「中村(拓己K-1プロデューサー)さんが用意してくださるということなんで、それは凄い楽しみにていますね。そういうオフがあって、また練習がんばろうと思えるんで」と、美女たちとの食事で次の試合に向けての英気を養うつもりだ。

 心配なのは、中村プロデューサーが「食事で終わってくださいね」と釘を刺すような、女好きという性格。「レディファーストなんで、おしゃれなお店でいろいろお話をしたい」と、健全なプランを述べていたが、果たしてどうなるか?

 しかし、今後の選手としての展望を語る時には表情がガラリと一変。先日発表された、10.17「Krush.118」で開催される第6代Krushバンタム級トーナメントへの出場も「今回いい勝ち方をして優勝すれば、ワンチャンあるんじゃないかなって淡い期待をしていた」と狙っていたことを明かす。トーナメントへのエントリーはならなかったものの「あそこに出場している選手はみんな強いので、もっともっと強くならないといけないなと思いますし、一人ずつちゃんとしばいていって、少しずつ上に登っていけたらいいなと思います」と、バンタム級戦線での活躍を誓っていた。

「昨日は結果的に2試合ともKO勝ちで締めることができて良かったなと思っています。(一夜明けての心境は?)一夜明けてオフモードになったんで、今日はどこの焼肉行こうかなとか考えてます、肉食系なんで。(試合の映像を見ていたら、その感想は?)2試合とも見たんですけど、決勝戦はわりとリラックスして、いつもの練習の成果を出せて良かったなと思います。(2試合KOして『俺ってカッコいいな』とか思った?)まあ、『俺ってカッコいいな』はいつも思っていることなんで、別に試合でどうとかではないです(笑)。昨日の試合はあまり『倒す、倒す』っていう意識はしてなかったんですけど、それが結果的に倒せたんで凄い良かったなと思っています。(1日2試合を短い時間で終わったことについては?)ワンデートーナメントは初めてで、相手も同じことだったと思うんで、結局最後は気持ちだと思ってたんで、気持ちを意識してやってました。

(KHAOSガールズとの食事会の夢が叶うが、昨日実際にリング上で会ってみてどうだった?)凄い可愛かったですね。中村さんが用意してくださるということなんで、それは凄い楽しみにしていますね。そういうオフがあって、また練習がんばろうと思えるんで楽しみにしています。(食事会はどんな所に行って、どんなことをしたい?)僕はレディファーストなんで、本当は焼き肉とか大好きなんですけど、そういう所よりはおしゃれなお店でいろいろお話をしたいですね。(そこも盛り上げられる自信はある?)そこは大丈夫です。楽しんでやれたらなと思います。(夢を発表した時の周囲の反応は?)周りの人間は『お前だろう』っていうのは、みんな口を揃えて言ってましたね(笑)。しらばっくれていましたけど、みんなわかってたんじゃないですか?

(今後の目標は?)Krushのベルトが懸かったバンタム級のトーナメントが行われると思うんですけど、やっぱりあそこに出場している選手はみんな強いので、もっともっと強くならないといけないなと思いますし、一人ずつちゃんとしばいていって、少しずつ上に登っていけたらいいなと思います。(Krushのバンタム級のトーナメントで人数が揃っていなくて、今回のトーナメントで優勝したら入りたいという希望はあった?)正直、トーナメントがあるなとは思っていたんで意識していて、今回いい勝ち方をして優勝すれば、ワンチャンあるんじゃないかなって淡い期待をしていて。そうしたら、試合の4日前ぐらいに発表されちゃったんで、『マジか』っていうのはあったんですけど、早くベルトに絡んでいきたいなとは思っていますね。

(今後どういう選手になっていきたい?)ファイトスタイルとかじゃなく、たくさん人間を引きつけられるような。アンチであり、応援してくれる人であれ、たくさんの人間が自分を意識してくれるような、巻き込んでいけるような、そういう選手になりたいですね。(ファンの皆さんへのメッセージは?)前回4月に1RKO負けして、それから5カ月経ちましたけど、あんな負け方したにも関わらず、信じて応援して、昨日も会場に来てたくさんの大声援をくれて、本当に感謝しています。これからも信じてついてきてくれたらと思います。ありがとうございます」
トップページへ戻る