ニュース
[ニュース]2021.2.3
「K'FESTA.4 Day.1」3.21(日)有明 クルーザー級ならではのド迫力ファイト!加藤久輝「悔いのないように全力で連勝の道に戻る」vsサッタリ・ウィラサクレック「目標はK-1のベルトを巻くこと。今回の試合も楽しみにしている」
    
 2月3日(水)都内にて記者会見が行われ、3月21日(日)東京ガーデンシアター「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜K'FESTA.4 Day.1〜」の対戦カードが発表された。
 昨年11月に新王者K-Jeeが誕生したクルーザー級で加藤久輝とサッタリ・ウィラサクレックの一戦が決まった。加藤はK-1参戦以降、クルーザー級のトップ戦線で活躍。2020年はK-Jeeと杉本仁に敗れて、キャリア初の連敗を喫してしまったが、再起をかけて今大会に出場する。対するサッタリは今回がK-1初参戦。アマチュアムエタイで輝かしい実績を残して、昨年11月にKrush参戦。谷川聖哉を右フック一撃でマットに沈めて会場を沸かせた。

 会見では加藤が「今年はいい年になるよう、悔いのないように全力で連勝の道に戻したい。K-1王者になったK-Jeeと1勝1敗なので、このままで終われない」と復活を誓えば、サッタリも「自分はベルトを獲るために日本へ来た。K-1のベルトは世界中のファイターにとって最高のモチベーション」と己の野望を口にする。一撃で相手を仕留める殺傷能力を持った2人による一戦。クルーザー級らしいド迫力ファイトの開戦だ!

サッタリ・ウィラサクレック
「自分は今ウィラサクレック会長のもと、とてもいい練習環境でトレーニングを積んでいる。日本に来てより強くなったことを感じているし、K-1のベルトを巻くことを目標にしていて、今回の試合を楽しみにしている。

(加藤の)試合はいくつか見た。総合格闘技も含めキックでも経験が豊富で、強い選手だと思う。そんな相手と試合ができることをとても嬉しく思う。(これからの目標は?)自分はベルトを獲るために日本に来た。K-1のベルトというのは世界中のファイターにとって最高のモチベーションだ。日本人選手は強いと思うが、誰が相手でも戦って勝ちたい」

加藤久輝
「やっと2020年が終わった感じです。去年はプロとして初めての2連敗だし、ついてなかった年でした。連敗しているのに『K'FESTA』に呼んでもらって嬉しいです。連敗を止めて、今回も強そうな相手とやることになったので、しっかり勝って上位に戻りたいと思ってます。(サッタリの印象は)ウィラサクレックジムが1人の大事なイラン人選手(シナ・カリミアン)をなくして、また新しい選手を仕入れたなと思いました。でも強そうで若いし、スピードと勢いがあって、この階級にまた新しい強そうな選手が現れたなと思いました。

(サッタリは)映像が少ないので、この前のKrushの試合を見て、勢いがある、馬力・パワーがある、そういうイメージはあります。10年前の自分に似てる感じがします。身体能力を活かした戦い方ですね。でも、そこは僕は彼より10年長く生きているので、人生の経験も含めプラスの経験もあるし、武器の豊富さが自分の方があると思ってます。(人生初の連敗を経験して)いろいろ考えて、自分に甘い部分があったかなと思って反省しています。モチベーションが足りないところがあったかもしれないし、そこも反省して、今年はいい年になるよう、悔いのないように全力で練習して連勝の道に戻りたいと思ってます。

(ベルトについて)僕はK-Jeeと1勝1敗なので、このままでは終われないです。彼が新チャンピオンになったのはすごい試合運びをしていたし、進化してるなと思います。ただもう1つ言えるのは、カリミアンがK-1に参戦して5〜6試合ぐらいやって、みんながどんどんデータを集めて、その結果としてK-Jeeが勝てた印象があります」
トップページへ戻る